16logotop DTM Fun to TIS ウラ技 よろづばなしFacebookページ We Like Compact Sports.

title

2000cc以下・NA(ノンターボ)中心のスポーツコンパクトカーオーナーズクラブ、 CLUB1.6は「熱い走りのチーム」とはほど遠い「ぬるいダラダラした集まり」ですが、みんなが楽しくやっていければそれでヨシ!としております。
はじまり ■その成り立ちは、同じショップに集まる仲間です。常連同士が時間が経ち次第に仲良くなりました。そしてその時に、たまたまみんなが1600ccのNA車に乗っていました。駐車場にみんなの車が並んだ光景を見たとき「CLUB1.6だね」と何気なく言ったひと言。それが始まりです。
それから【概要】

■数年間、話の中にはしょっちゅう出てくるCLUB1.6の名前も、クラブとしてはとりたてて活動していませんでした。唯一、主催というカタチで自主開催の平日走行会だけやっていました。

■ミ ーティングもありません。ショップへ行けば誰かに会えるのですから。もちろんオフ会も存在しません。そもそも「オフ」っていうのがありませんから。普段から会う友達と遊びに行くとき、「オフ会しようぜ!」とは言いませんよね?そう、当クラブの基本は「友達」「仲間」です。 けっして見ず知らずの人をクラブに勧誘したり、雑誌でクラブ員募集を呼びかけたりしないのは成り立ちそのものが「友達」「仲間」から始まっているからなのです。

ウェブサイト公開【メンバー】

■2000年11月、管理人のつたない技術で貧相なホームページが完成、恥ずかしげもなく公開。その頃、管理人はいくつかの車系サイトの掲示板に参加。そうこうしているうちに、そこから仲間が出来ました。掲示板にて議論・討論の末、わかりあえる仲間・思いが同じ仲間です。彼らはこのサイトにも遊びに来てくれるようになりました。ふと気づくと当サイトのいわゆる常連です。

■ネットでの出会いは今の時代否定しません。充分分かり合えるだけの問答を彼らともしてきましたし、実際お会いした道外の幾人かは、思った通りの「仲間」でした。当然、自然な成り行きでメンバーへ(市外の方なので、「CLUB1.6Member Extra」というセクションを作りました)。

■同じ頃、車を乗り換える輩が出てきました。また、走行会を毎回共にする新しい仲間も出来ました。彼らは2000cc以上あるいはターボ車に乗っていました。当クラブは、はっきり言って、創立当時は偶然仲間内がみんな2000cc以下NAに乗っていただけの話なので、同じ思いの仲間なら大歓迎!ということで「CLUB1.6Member Support」というセクションを用意しました。

これからのクラブ ■サイト公開後、時間が経つにつれて入会希望者が年々多く現れました。とても嬉しい事です。それはCLUB1.6が皆さんに認められているから、と驕らずにはいられません。

■ただ、今までのスタイルを崩したくはありません。これまでメンバーの入れ替えがほとんどなく、しかもここまで続いているのは、メンバーがみな「友達」「仲間」だからだと思っているからです。同じ頃立ち上げた、他の道内クラブのサイトがずいぶんたくさんなくなっていきました。そんな中で今まで続いて、しかもなお変わらず活動を続けられるのは、このポリシーを貫いてきたからだと思います。

■全国組織を否定しません、会員数をどんどん増やすのもいいでしょう。でも、当クラブにはそんな能力はありませんし、実質ツートップたる管理人あかやtoshiにもそんなキャパは持ち合わせていません。出来る事を、身の丈の分だけ、ゆっくりと継続していく。これが上に書いてある「ぬるい、ダラダラとした集まり」なのです。そして、今在籍しているメンバーが「楽しくやっていければそれでヨシ!」なのです。 もちろん、自然に(自分たちの能力内で)大きくなるのはかまわないのですが(年月が経つと友達も自然に増えますよね。そのくらいのレベルです)、無理をしてクラブを大きくする必要はどこにもない。これはクラブのメンバーの総意だと思っています。

■ですので、規約など存在しません。友達になるのには契約なんてしませんよね?それでもあえて当クラブの入会条件を書き出すとすれば、以下のいずれかだと思います…

  1. たまり場たるショップ(現在は「COCKPIT旭川」)の常連である/お店の面々と気心知れ合い、他の常連と仲間となってゆく。やろう、と思ってできることではないと思います。
  2. メンバーの誰かと友達である/友達の友達は、友達ですから(笑)。
  3. 当サイトの掲示板の常連である/気心知れていかなければならないですけどね。
  4. 情に訴える/メールで熱心にクラブ入会を希望される方もいます。前向きに検討させて頂きます。

こんな感じでしょうか。要するにやはり「友達」「仲間」、すべては人と人との付き合いからだと思います。当クラブは、このまま、いきます。