DA-6インテグラ用のビルシュタインのサスをEG-6シビックに、EG-6のノーマルサスをDA-6にスワップ!それにしても、この車高(笑)!

〜事の起こりは〜
●管理人は、以前DA-6インテグラに乗っていました。事故って廃車の為、現在のDC2Rを購入。そのDAに使っていた、ビルシュタインのサス(十勝用にオーダーしたビルシュタインのショック+クスコ車高調ケース+クスコアッパーマウント+kg/mmのスプリング)は、友人のDA-6に譲りました。(他のパーツもいろいろ)

●その友人が、「もう十勝も行かないし、新しい車買ったのでDA捨てる(廃車にする)つもりなんだけど、いる?」いるいる!ビルシュタインのサス、もったいないっしょ!
●とはいえ、今はDC2R+オーリンズに満足。というわけでLynxちゃんのEG-6にぜひ!!
●まず、捨てるためにはDAも動かなければまずいので、DAに、余っていたEGのノーマルサスを付けます。
●先に
リアから。右の写真はDAのロアアームなのですが、ここの幅がEGより狭く(赤い矢印の部分)、EG用のサスの下の取り付け部分が入らない。ならば、ショックの下の部分を削ってしまえ!ちなみに、アッパー部分の取り付けは問題無しです。

●ぎゅい〜ん。削ってます。
toshi、waka、どうもありがとう。
削ったのは6〜7mmくらいです。
●ほっ。何とか付きました。でも、なんだか車高が上がったような気が…。

●次はフロント。これも、ショックの下に付くフォークの部分(右の写真はEGのフロントフォーク)の穴が、DAは穴の径が小さく(ショックの径が小さい)、EGは穴の径が大きい(ショックの径が大きい)。写真の矢印の部分です。
●これは、
フォークごと交換する事で解決。
●フォークの取り付け部分は問題無し。フォークの長さも一緒。
ただし、ドライブシャフトの「逃げ」のための彎曲した部分が、DAが彎曲が大きく、EGは小さいです。なので、DAにEGのフォークを付けた場合、ステアリングをフルに切った時、ドライブシャフトがフォークにギリギリ当たらない、という感じになります。ハードに走ったらどうなることやら…。とりあえず普通に走った限りでは当たる事はなかったです。
ショックのアッパー部の取り付けは、フロントも問題ありません。

●4WD?!(笑)
見事にリフトアップ!ノーマルよりリアが2cmくらい、フロントはきっと4cmくらい上がっているでしょう!ま、捨てるからいいか。

●次はEGに、DA用ビルシュタインを。
●ま、DAの逆をやればいいのです。リアショックは、ロアアームの取り付け部分に隙間が開くため、カラーを入れて解決。
●フロントショックもフォークごと交換なので問題なし。
●車高は逆に下がります。ま、車高調で調整できる範囲なので、問題なしとしましょう。

自作遮熱ボックス

T-10のワンセグ

Si-VTECをR部品で復活

黄色純正フォグを白く

シビッククーペR化2

シビッククーペR化1

エンジンは汚れてる

ウルトララップ取付

自作エアダクト+板金

目指せ20万km

CWESTバンパー

ビルがもったいな〜い

INTEGRA96+98