前年施工した「コンプブースト」、最近またオイルを食うようになってきたので、またやってみました。しかも今回はさらに念入りに。左の写真は「コンプレッションゲージ」。圧縮比を計るツールです。

●今回は、絶大の信頼をおいてるVERNOの敏腕メカニックKから「nutec、なかなかいいかも」と聞いたところから始まりました。Kも私や店長同様、普段はケミカル製品を疑っている方で、Kがいいというのなら、ちょっと試してみよう、と思い立ったのです。
●今回は前回同様、コンプブーストを施すわけですが、その前に、エンジン内部をキレイにした方が効果が上がるというKのアドバイスから、同じnutecの「スラッジリムーバー」を使ってみました。下に追ってレポートしてありますが、これがなかなか、いやぁ、びっくりでした。

お掃除/スラッジリムーバー
●まずはエンジン内部のお掃除〜。スラッジリムーバーをプラグホールから各気筒に噴射。なんかちょっと不安…。中を覗くと、泡のようなモノが若干見えました。何度かにわけてシリンダー内の全体に行き渡らせ、放置。
●15分くらい置いてから、今度は吸い出し。出るわ出るわ〜、こんなに噴射されていたのね〜。真っ黒になった液体がどんどんタンクに送られて行きます。うわぁ…店長もたっけも、「すげぇ」と見守っています。

●店長が「すげぇな。ちょっとこしてみるか」と。タンクに貯まった汚れたリムーバーを、布でこしながら捨ててきました。
●そしてその布が下の写真。うげげ!すごい。見た目にかなりのインパクト!こんなに汚れていたんだ〜。雑誌とかでは見たことあるけど、現実に自分の車のを見ると、大きな衝撃を受けます…。

●その後店長が、更に念入りにウエスをシリンダーに突っ込んで拭いてくれました。これまた真っ黒。OHのお金を浮かせるためにこれを試したのですが、かえってOHの重要性を痛感しました。やっぱり、きっちりエンジン開けてキレイにしたいですよね、できれば。

補修/コンプブースト
●今度はコンプブースト。店長のこの顔、あきらかに疑っています(笑)。効果あるんだってばー。私とわかちゃんはnutec派なのですが、店長はまだこの時点では半信半疑で作業してます。
●作業自体は前回と同じ。数ヶ月してから年内にもう一度施工して、あらためて圧縮比を計ろうかと思っています。

上へ戻る

自作遮熱ボックス

T-10のワンセグ

Si-VTECをR部品で復活

黄色純正フォグを白く

シビッククーペR化2

シビッククーペR化1

エンジンは汚れてる

ウルトララップ取付

自作エアダクト+板金

目指せ20万km

CWESTバンパー

ビルがもったいな〜い

INTEGRA96+98