「よろづばなし」にある通り、管理人のエンジンブロー直後、toshi店長のINTEGRA Si-VTEC(丸目DB-8)もエンジンブロー。しかし、なにやら復活に向けて悪だくみをしていたようで・・転んでもただでは起きないとはこのことか?!toshi流オーバーホールです。

●先にtoshiのエンジンブローですが、バルブスプリングを押さえ付けている「皿」(ゴツいワッシャーのようなもの)が1コ、金属疲労で割れたことが原因のようです。
●今回の復活メニューは、まずベースエンジンは同じB18Cの中古を使う。なんたってB18C-Rの半分の価格。それに後述するプランもあるため、それで充分なようです。写真はその中古エンジンです。

●そのプランですが、ヘッド回りはオーバーホール・ポート研磨・面研、シリンダーもキレイにし、戸田のタイミングベルト、同じく戸田のバルブスプリング(これは今回必須!)、無限のガスケット、そしてTYPE-Rピストンとカムシャフト!ちなみにカムは、ブローした管理人のエンジンで生き残っていた数少ないパーツ、こいつを廃品利用します。さて、とにかくまずは全部ばらして・・。

●中古エンジンですから当然使用感があります。左のようにヘッドは真っ黒に煤けています。それを仕事の合間(ってことにしておく)にtoshiはしこしこ磨き、右のようにぴっかぴかに!さすが自分の車は気合いが違います(笑)。

●だんだんノリノリになってきたようです・・。
吸気ポート(左)と排気ポート(右)もこのようにすすで真っ黒。こんなに汚れているんですね〜。

地味な作業ですが、根気よく表面を磨きながらバリを取れば、下のようにぴっかぴかな状態になります。見るからにも空気がスムーズに流れそうな気がしますね。
●この中古エンジンは6万キロ、toshiのエンジンは9万キロ。ってことは、toshiの壊れたエンジンはもっと汚れていたのでしょうね・・。
toshi曰く「ワコーズの燃料添加剤とかさー、たまには入れた方がいいのかもね」。

●バルブ・カムシャフトです。
まずヘッドからバルブ関係・ロッカーアーム・カムをはずしてバラバラに。
面倒くさそう・・。

●バルブのシャフト部分が通る「ステムシール」も新品に替えます。これもある意味消耗品と考えた方がいいですね。これが古くなってくるとオイル下がりの原因になります。管理人は経験済みです。
●バルブの写真、左は磨く前、右は磨いたあとです。
効果のほどはわかりませんが、まあ悪くなることはないでしょう。
こんな機会もありませんから、できる限りの手間はかけたいですね。気分だけの問題かもしれませんが、それでもピカピカにして気分がいい方がいい、に決まってますよね。

●さあ、いよいよヘッドを組み上げていきます。
登場したのは戸田の強化バルブスプリング。バネレートがノーマルより上がっています。TYPE-R用ですが、戸田に問い合わせると問題ないとか。全長も、Si-VTECよりコンマ数ミリ長いようなのですが、これはかえって年月劣化によってへたることを考えると、好都合のようです。
ノーマルバルブスプリングと並べて写真を撮っていますが、見た目には違いがわかりませんねー。
●写真下、バルブとバルブスプリングを組み上げたところ。このバルブスプリングの上に付いているでかいワッシャーのようなものが割れたのが、今回のブローの原因です。

●今度はシリンダーブロックです。シリンダーも、このように真っ黒、ピストンもギトギト。若干のオイル上がりを起こしていたのではないか、というtoshiの話。
●ピストンは新品のTYPE-R用です。真ん中がSi-VTECピストンより盛り上がっているので、これだけでも若干の圧縮比アップになるようです。
シリンダー内部もきれいに磨いて装着です。
もうここまでくれば、まるで新品のエンジンのようですねー。

●大詰めです。無限のガスケットはノーマル0.7mmに対して0.39mm厚。半分近いですね。先のTYPE-Rピストンと合わせて、けっこうな圧縮比アップになっているのではないでしょうか。
●エンジンを組み上げて、最後にタイミングベルトをかけます。戸田のタイベルは写真の通り赤です。toshi曰く「いや〜カッコイイんだってー!」でもカバー付けると見えなくなっちゃうんだよね・・。
これで車に積めば完了です!

●出来上がったエンジンです。ホントこれは中古には見えませんねー。
ビールケースの上にエンジン載せて車の下に持って行き、車を下げてエンジンを搭載します。
まあ、ビールケースってのがtoshiらしいです(笑)。
これで修理完了、復活です!さて、今度はいつまでもつかなぁー・・。

【おまけ】
●ここ3年くらい「調子悪いなぁー」と言いながらも放っておいたミッションも、この機会にOHしたようです。
んで、ばらしてみるとなんと・・シンクロの横に、金属の輪のようなものがはさまっているんですが、ごれがブチ切れていて変形。ミッションケース底に付いているマグネットには、鉄粉がびっしり。
こりゃ調子悪いハズだよね・・。
●TYPE-Rのカムでハイカムになり、無限のガスケットとTYPE-Rピストンで圧縮比の上がったSi-VTEC。さらにエンジン内部はぴかぴかに磨かれミッションもオーバーホール。いったいどれほどのものなのか・・。

【ブリーフインプレッション】
●そこで、復活したtoshiのDB8はどんな具合かというと「ちょっと全開にしてみたけど、ひと言で言えばTYPE-Rみたい!」とのこと。顕著なのは3・4速で踏めば踏んだだけパワーが出てくるそうです。レスポンスと中間トルクにかなり効果が見受けられるようですよ。

上へ戻る

自作遮熱ボックス

T-10のワンセグ

Si-VTECをR部品で復活

黄色純正フォグを白く

シビッククーペR化2

シビッククーペR化1

エンジンは汚れてる

ウルトララップ取付

自作エアダクト+板金

目指せ20万km

CWESTバンパー

ビルがもったいな〜い

INTEGRA96+98