管理人はPioneerの「carrozzeria Air NAVI AVIC T-10」を使っています。ワンセグテレビが付いていますが、走行中は見られない(映らない)構造となっています。これが、ひょんなことから走行中も見られて(映って)しまいます。

●カロッツェリアのエアーナビAVIC T-10のワンセグ、上の写真のように走行中は音声のみ聞こえていて、映像は映らないようになっています。助手席や後席の人が見られないのは不便ですが、脇見運転防止のためまあ仕方がないのかな。
●ところが管理人のT-10は、走行中もワンセグが映ってしまうようになりました。どうやら裏の端子に原因があるようだ…

●右は端子のアップ写真です。どうやらこの端子列の上段・一番右の端子が汚れて接触しない状態になると、走行中もワンセグが映るトラブルとなるようです。
●もう一つ症状があって、ここが接触してないと、エンジンを切っても、ナビの電源が切れません(内蔵バッテリーに切り替わります)。ナビは手動でOFFにしなければなりません。ただ、エンジンかければ自動でONにはなります。

●実験・検証してみました。この端子にテープなどを貼り、覆って絶縁します。そして車に搭載、エンジンをかけワンセグに切り替え、走り出してみると…走行中もテレビが映ったままになってしまいました。
検証を終えたところでテープを剥がしてナビを装着すると、元通り走行中もワンセグが映らず、エンジンを切るとナビもOFFになるように戻りました。

上へ戻る

自作遮熱ボックス

T-10のワンセグ

Si-VTECをR部品で復活

黄色純正フォグを白く

シビッククーペR化2

シビッククーペR化1

エンジンは汚れてる

ウルトララップ取付

自作エアダクト+板金

目指せ20万km

CWESTバンパー

ビルがもったいな〜い

INTEGRA96+98