管理人がホームセンターで、何気なく目に留まった換気フード。家の外壁に付いてるアレです。この形…大きさ…向きを変えて見てみたり、材質を確かめてみたりと、妄想力フル回転!で、作っちゃいました。

●ナンの変哲もない、よくある換気フード。でもほら、妄想力を働かせると…あなたにもだんだん何かが見えてきませんか?(笑)
とりあえず、一度車に戻ってエンジンルームを採寸。ん!イケそうです。
●管理人のDC2には、トップフューエルのインテークチャンバーが付いているので、まずはそれが入るくらいの穴を開けます。こちら側(外側)からインテークチャンバーを差し込み、向こう側(内側)からエアフィルターをインテークチャンバーにはめ込むような造りにします。遮熱ボックスを間に挟み込む感じですね。

●エンジンルームの取り付け位置に合わせて、当たりそうな部分を切って形を整えていきます。他に固定用のねじ穴や、外気を取り入れるための穴も開けます。
現物合わせですので、作業場と車を何度も行き来して、合わせてみたり削ってみたり…徐々に形を整えます。めんどくせぇ…。
●換気フードの換気口の部分は、開いている必要がないので(というか、ココが開いていると、熱気が入るので)塞いでしまいます。赤く塗ったアクリル板を裏から当てました。
でもここがアクセントとなって…

●表から見ると、なーんかカッコイイ!意味ありげな感じがします。が、なんの意味もありません(笑)。
これで完成です。さほど手間はかかりませんが、何度も現物合わせ→削り・穴あけを繰り返すので、時間はかかりました。
●下の写真、左が今までのアルミで作った遮熱板、右が今回の遮熱ボックス。全然印象が違います♪ま、自己満足ですけど(笑)。

上へ戻る

自作遮熱ボックス

T-10のワンセグ

Si-VTECをR部品で復活

黄色純正フォグを白く

シビッククーペR化2

シビッククーペR化1

エンジンは汚れてる

ウルトララップ取付

自作エアダクト+板金

目指せ20万km

CWESTバンパー

ビルがもったいな〜い

INTEGRA96+98