2種類の2ウエイの違い【点音源】
では、今度はそのよくある2ウエイスピーカーの2種類、「セパレート」と「コアキシャル」の違いです。フロントドアに装着(インストール)した場合を想定します。
コアキシャルなら、同じ部分から高〜低音までが出ます。オーディオの世界では理想とされる点音源」というものです。ひとつの場所からすべての音が聞こえてくる。非常にまとまりのいい音がします。
ではセパレートは?これは低音は下から、高音は上から聞こえます。しかしコアキシャルでは、全体をコンパクトにまとめなければならないので、自ずとツイーターの性能追求には限界があります。その点、セパレートで作れば、おのおのの性能追求がしやすいですね。高級スピーカーでセパレートが多いのはそのためです。

もうひとつ。低音になるほど音は広がる(「指向性」といいますが、のちほど説明します)性質がありますから、高音のツイーターさえいい位置にあれば、低音のウーファーは多少ずれた場所にあっても、違和感が少なく耳に届くことができるのです。
特に最近流行のミニバン系、ドアが縦にでかいので、耳からスピーカーまで距離が遠いですね。こういう場合は、理想とする「コアキシャルでの点音源」は捨てて、セパレートにしてツイーターはドアの上の方(耳の近く)に置き、ボーカル域をくっきり聞こえるようにするのがいいかと思います。
「点音源」という理想は、最近は他のテクノロジーでフォローする傾向にあるので、いい音としての主流はセパレートとなっていますね。

上へ戻る

音のキホン

2ウエイの種類

色々なスピーカー

家と車の違い

実例インストール

iPodマウント自作

オーディオボード自作

iPod

iPodを車載する

車にどうしてiPod?

そもそもiPodって?