トヨタセラ

ブランドブームに乗って、色モノ登場(笑)。
●このセラ、サイズも、スタイルも、そのガルウィングも、かなりそそられた方も多かったのでは?で、「もうちょっとパワーがあれば」「4AGでも載っていれば」と諦める。私もそのクチです(笑)。
国産初のガルウィングは、随分考えられて作られていたようです。右の図はガルウィングのダンパー。

その名も「ドア操作力温度補償ステー」。北海道では、冬には開けたリアハッチが勝手に降りてきて頭ぶつけたりするんですよね。開けるときも重たいし。セラのドアのダンパーは、それをほとんど解消している、とカタログにあります。他には熱反射コーティングガラスとか、初めてのスタイルや機能に対するオーナー予備軍の不安を解消する内容が大きく扱われています。「色モノ」とはいえ、そこはトヨタ。機能もしっかり作り込まれていることがカタログからもうかがえます。

でもやはり…色モノらしさもちゃーんとカタログから溢れています。右はイメージカット。当時流行していたトレンディドラマの影響がストレートに出ています。W浅野ちっくな女性です(笑)。この手のイメージ写真が、カタログページのほとんどを占めています。
登場が1990年、バブルがはじける直前くらいですかねー。あと2年くらい早く登場していたらバカ売れしていただろうに。あるいは4AGを積んでいれば、デルソルにそっぽを向いたCRXファンに、ポストCRXとして向かい入れられたかも…(んなことないか?!)

でも、いまだにたまに雑誌でチューニングセラ見かけますよね。このまま忘れ去るには確かに惜しいかも。

セラ
■型式EXY10■エンジン形式5E-FHE
■直4・DOHC
■1500cc
■L3860×W1650×H1265mm
■WB2300mm■890kg
■115ps/5800rpm■5MT

(馬力はネット)


イチロクGC

小ネタ

DIYで内装塗装

Topics

希望ナンバー申込

ラジエター交換

2基のエンジンブロー

Column

webヒストリー

CLUB1.6グッズ

CLUB1.6とは

サイトの裏側