スバルジャスティ

最近見ました。農家チックなおじさんが、落ちそうなテールランプをガムテープで留めて乗っていた、つや消しの赤いヤツ(笑)。
●そんな状態の車しか現存していないようですが、TVCFで「火の玉ジャスティ〜!」と走りをアピールしていたスバルジャスティ。気筒あたり3バルブ+4WDのリッターカー(下位グレードにはFFもあり)。カタログの中には「スポーツ」という言葉がたびたび登場し、テクノロジーと走りを前面にアピールしたイメージで作られています。3ドア4WDのRSというスポーツグレードが設定されているのですが、他グレードとタイヤサイズ、スタビ、フットレストくらいの違いでしかありません(笑)。
●右上の写真のラゲッジスペースの中には、ポルシェデザインのヘルメットが。「技術提携」のつながりを感じさせます。右下はメカニズムの解説。この頃流行っていた「エアロダイナミクス」の解説がわかりやすく掲載されています。

ま、飛行機の「富士重工」ですからね、空力はやはり自信を持ってアピールしたいところなのでしょう。あとは当時このクラス唯一だった4独サス(マーチやカルタス、シャレードはリジッド)が大きなイラストで。エンジンは「パワフルandレスポンシブ。EF10Sエンジン」と、エンジン形式までコピーに載せてアピール。さすが技術をウリにしているメーカーです。
●右はやはり流行のクラスタースイッチの写真。使いやすいとは思えませんけどね…。

●1984年2月発売で、87年には1200と、量産車初のCVTが登場。88年には1200のみとなり、フロントとリアがマイナーチェンジ、スラントノーズが格好悪かった…そしてちょこっとハイルーフにもなりました。1992年まで8年間も造られました。
けっこう好きだったです、これ。なんかとってもスバルっぽい車、スバルらしいカタログです。あ、もちろんいい意味で(笑)。

ジャスティ4WD・RS
■型式KA6■エンジン形式EF10
■直3・OHC・9バルブ
■1000cc
■L3535×W1535×H1390mm
■WB2285mm■690kg
■63ps/6000rpm■5MT

(馬力はグロス)


イチロクGC

小ネタ

DIYで内装塗装

Topics

希望ナンバー申込

ラジエター交換

2基のエンジンブロー

Column

webヒストリー

CLUB1.6グッズ

CLUB1.6とは

サイトの裏側