●「ナンバープレートを走行中にどこかで落としてしまって…」

交番に届け出たら、警察官に笑われちゃいました。(^_^;) ともあれ車検もやってくるし、ナンバーを再発行しなければ。
まずは陸運局のサイトででいろいろ調べて、国土交通省 北海道運輸局 旭川運輸支局車の登録手続きについて登録手続案内を読み進めていくと、「ナンバープレートを紛失したり、盗難にあった場合など、交換できないときは番号を変更しなければなりませんので、この手続きが必要です。」とありました。
ナンバーは紛失の場合だと、無くしたプレートだけ再発行なのではなくて、新規にナンバー作らないとならないんですねー。というわけで、そのままネットで希望ナンバー申請しました。

●通常の希望ナンバーに変更への申し込みと、紛失での希望ナンバー申し込みの違い

番号変更をクリックして確認してみます。紛失の場合、通常のナンバー変更と違うのはひとつだけ。「7.理由書(ナンバープレートを返納できないときに必要)」を提出するだけです。
この「理由書」の部分をクリックすると、理由書の書面がPDFでダウンロードできます。

「自動車登録番号又は〜」の部分には、いわゆる車のナンバーを記入。
「車体番号」は、車検証に記載されています。
「理由書提出の事由」は、私の場合は「ナンバープレートの盗難、遺失等」にチェック。
「盗難等年月日」は落としたと思われる日にち(だいたいでもいいみたい)、
「届出警察署名」も記入(旭川なら旭川中央署か旭川東署ですね)、
「届出年月日」は交番に落とし物として届け出た日、
「受理番号」は、落とし物届けのひとつひとつに警察でつける番号らしく、届け出た交番で教えてくれます。
「盗難・遺失等にあった場所や状況」は、思い当たる事柄を端的に記入(これもだいたいでも大丈夫みたいです)。そして署名、押印です。
これで紛失での手続き書類の準備はOK。
あとはネット上で、通常の希望ナンバー申し込みの手続きをするだけです。

●希望ナンバー申し込み

希望番号申込サービスから希望ナンバーへ変更の手続きをします。
そこから「申込」>「新規申込」>「申込フォームへ」と進めてゆきます。

フォームに必要事項を記入して、次へ。
そして内容を確認したら、確認メール送信をします。

すぐにフォームに記入したメアドにメールが届くので、そのメールに記載されているURLへアクセスします。すると、手続きの続きが始まります。

登録自動車(軽以外はこっち)か軽自動車かの選択画面になるので、登録自動車にチェックして
次へをクリック。


その後、「ナンバープレートが付いている(=今乗っている車の場合はこれ)」「初めてナンバープレートを付ける(=新車)」「今ナンバープレートは付いていないが、以前は付いていた(=抹消してある中古車)」の選択画面になるので、ナンバーの付いた自動車にチェックをして次へをクリック。

これも指示通りに選択。そして次へ。

今度は記入する部分がたくさんあるフォームが出てきます。
上の方は、まずは車検証見ながら地道に記入。

下の方は選択式です。
「車種分類」は、通常の個人ユーザーならほとんどが3ナンバーか、5・7ナンバーですね。

「用途」は個人ユーザーなら自家用。

「標板の種類」は、通常のプレートか光るプレートかを選びます。
「字光」というのが、文字の部分が光るナンバープレート。私は通常のナンバープレートでいいので、「ペイント」で。

「標板の大きさ及び枚数」は、必要なナンバープレートのサイズと枚数です。
3・5・7ナンバーの一般的な車は、中型サイズになります。(大型はでっかいトラックやトレーラーなどに付けるヤツですね)
当然前後に必要なので枚数は2枚。そして次へ。

ここでようやく希望ナンバーの番号記入です。希望のナンバーの4桁を記入し、次へ。
最終確認画面になるので、内容確認して、下の方の「同意する」にチェックをして、申込をクリック。

すると、登録してあるアドレスに「[希望番号]お申込を受け付けました」メールが来ます。
メールに記載してある銀行口座に、交付手数料4200円を期日までに振り込みます。
期日は、ネットで申し込んだ日から4日以内(土日祝除く)のようです。
私の場合、振り込みしてから2時間後には「[希望番号]交付手数料のご入金を確認しました」メールが来ました。ナンバーの交付は、このメールが届いてから5日後から可能で、そこから1ヶ月間が交付期間です。

流れをまとめると、
1:ネットで手続き→紛失の場合は「理由書」をプリントして記入しておく→
2:4200円を振り込み→
3:陸運局へナンバー受け取り、となります。

その後、希望ナンバーのプレート受け取りの際には、陸運局へ
1:入金確認メールのプリント  2:紛失の場合は理由書  3:車検証
4:今まで付けていたナンバープレートを持って行けば終了です。
(ナンバープレート付けたまま乗っていって、その場で交換も可)

※あと私の場合、所有者がホンダのディーラーになっていたので、ディーラーから委任状ももらって持参しました。

イチロクGC

小ネタ

DIYで内装塗装

Topics

希望ナンバー申込

ラジエター交換

2基のエンジンブロー

Column

webヒストリー

CLUB1.6グッズ

CLUB1.6とは

サイトの裏側